快適空間コラム

  1. 清掃サービスのリ・プロダクツ
  2. 快適空間コラム
  3. コラム
  4. マキタのルンバとは?ロボット掃除機の家庭用と業務用の違いを解説!

マキタのルンバとは?ロボット掃除機の家庭用と業務用の違いを解説!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マキタのルンバとは?ロボット掃除機の家庭用と業務用の違いを解説!
オフィスや店舗の掃除をロボットに任せることで、清掃にかかる時間を短縮することができます。しかし、メーカーごとにロボット掃除機の特徴が異なるため、どの製品を選んだらよいのか分からない方も多いでしょう。

総務省によると、世界のロボット家電・コンシューマー向けロボット市場は拡大を続けており、今後も参入するメーカーが増え、特徴も細分化していくことが予想されます。

どのメーカーのロボット掃除機が、自社に適しているか知っておくことで、目的に合ったロボット掃除機を選びやすくなります。

この記事では、一般家庭用のロボット掃除機と業務用のロボット掃除機の違いについてご紹介していきます。

▼お掃除ロボット選定で押さえておくべき3つのポイントはこちら
https://www.re-products.co.jp/download/select_3points.html

ロボット掃除機の種類



ロボット掃除機の種類は、家庭用と業務用に分けることができます。家庭や企業で用途に合わせて使用されていますが、技術が進化し一般家庭用の物だけでも性能に差があります。それぞれの特徴を押さえて、必要としている場所に合ったロボット掃除機を選ぶことが重要です。

目的に適したロボット掃除機を導入するため、この項目で紹介している一般家庭用と業務用のロボット掃除機の特徴を把握しておきましょう。

一般家庭用

一般家庭用のロボット掃除機は、フロアやカーペットに落ちた食べかすやペットの毛など小さなゴミを掃除してくれます。センサーにより段差を感知し落下を防いだり乗り越えたりすることも可能です。バッテリーの容量は大きくないため、広範囲の掃除は苦手で、こまめな充電が必要です。

ただ、高性能なロボット掃除機であれば、自動でロボットが給電する製品もあります。家庭用の中でも機種によってアプリと連動した機能や清掃場所を学習するAI機能など特徴が異なるので、豊富な種類から自分が必要な物を選ぶことができます。

業務用



基本的な自動掃除機能は同じで、営業の外出中などにオフィスや店舗をきれいにしてくれます。一般家庭用のロボット掃除機と比較して吸引力が強い種類が多く、大小さまざまなゴミを吸い込むことが可能です。

ただ、アプリ等を使用した細かな設定機能を搭載していない製品が多いので、遠隔操作が苦手な傾向にあります。

しかし、バッテリー容量が大きく、またダストボックスも大きいので、広範囲を掃除することができます。広い店舗やオフィスを掃除したい方には業務用のロボット掃除機がおすすめです。

一般家庭用と業務用ロボット掃除機の比較

一般家庭用と業務用のロボット掃除機は、大きく性能が異なります。特に注目したい違いは、以下の3つです。
  1. 稼働時間の長さ
  2. 清掃の性能
  3. 走行パターンの種類
それぞれ詳しく見ていきましょう。

稼働時間の長さ

業務用のロボット掃除機で有名な「マキタ」の製品は、18Vの大型バッテリーを2本取り付けているので、1回の充電でテニスコート約3面分の清掃が可能です。6.0Ahのバッテリーならば4時間、3.0Ahのバッテリーならば2時間、稼働します。

Pタイル以外の、タイルカーペットなど清掃にパワーが必要な床面では、稼働が3時間20分から1時間40分と少し短くなりますが、それでも広大な範囲を清掃できます。また、吸引ファンをオフにすることで、稼働時間を2倍に伸ばせます。

細かい塵に対する清掃能力は低下しますが、使い分けることで求める範囲・質に応じた清掃ができるでしょう。

充電時間も2口急速充電器を活用すれば、55分と一般家庭用のものより短いため、1日の稼働時間を比べると大きな差があります。

清掃の性能

マキタのロボット掃除機は清掃範囲が広いだけでなく、強力な吸引力と大型サイドブラシを備えているので、ガムテープの切れ端や段ボールくず、工場で発生した大量の粉塵なども、かき込む事が可能です。

また、集じん構造が2層になっており、軽く小さなゴミは吸引ファンで吸い込み上層へ、大きなゴミはパワーブラシを使って下層へ集めます。それによって、吸い上げにくいゴミでも綺麗に吸い込むことが可能です。

一般家庭用のロボット掃除機にも、ゴミを吸い上げる機能はありますが、あくまで微細なゴミやペットの毛が清掃の対象です。大きなゴミを取り切ることは難しいでしょう。

さらに、マキタのロボット掃除機には、家庭用のロボット掃除機のおよそ5倍の集じん容積があります。大きなゴミが散乱しているような場所でも、マキタのロボット掃除機なら綺麗に取り除いてくれます。

走行パターンの種類

工場や倉庫などでは、ロボットに侵入して欲しくないエリアもあるでしょう。マキタのロボット掃除機「RC200DZSP」および「RC300DZ」は、それぞれ、進入禁止エリアの設定や、走行方法の設定が可能です。

マキタのロボット掃除機「RC200DZSP」には、パターン走行モードの他に、ランダム走行モードがあります。

2つの走行パターンを使い分けることで、どんな場所でも効率的に清掃します。

さらにマキタの最新機種「RC300DZ」であれば、マッピング機能が搭載されており、センサも付いてより高度な走行ができます。清掃エリアを把握し、清掃カバー率は驚異の95%を実現しています。

進入禁止エリアの設定も可能ですが、機種によって方法が異なります。設定する方法は、以下の通りです。
  • RC200DZSP:センサーウォールテープを貼る
  • RC300DZ:スマートフォンからロボット掃除機が作成したマップ上で設定

こんな人にはマキタのロボット掃除機がおすすめ

ロボット掃除機で迷っているなら、清掃する場所や広さ、ゴミの種類によって決めると良いでしょう。なぜなら、稼働時間や清掃性能に大きな違いがあるからです。

特に、以下のような方にはマキタのロボット掃除機導入がおすすめです。
  • 倉庫など広い面積の清掃をしたい方
  • 工場などで頻繁に出る大きく吸い込みづらいゴミを清掃したい方
一般家庭用のロボット掃除機は、倉庫や工場のような広い場所は不向きで、隅々まで綺麗に清掃させることは難しいです。

家庭以外の場所(特に広い範囲)でロボット掃除機に清掃を任せたい場合には、マキタのロボット掃除機をおすすめします。

マキタのロボット掃除機がレンタルできるサービス



マキタのロボット掃除機を導入するならば、購入するよりもレンタルがおすすめです。

マキタのRC200DZSPは本体価格が126,500円(税別)。別売りのバッテリーと充電器も併せて購入すると、合計で200,000円を超えてしまいます。

また、上位機種のRC300DZは本体価格が298,000円(税別)と、さらに高額になります。

「おそうじレンタル」では、マキタのロボット掃除機RC200DZSPを月額9,500円、RC300DZを月額18,000円で貸出しています。

バッテリーや充電器も月額費用に含まれ、メインブラシ・サイドブラシもご利用12ヶ月ごとに届けてくれる「おそうじレンタル」で、ぜひロボット掃除機を導入してみてください。

▼3分でわかる「おそうじレンタル」概要資料はこちら
https://www.re-products.co.jp/download/overview_osouji-rental.html

▼お掃除ロボットのレンタル/購入比較資料はこちら
https://www.re-products.co.jp/download/rental-purchase_cleaningrobot.html

まとめ

マキタのロボット掃除機は、一般家庭用のロボット掃除機に比べて広い範囲・大きなゴミの清掃に適しています。

そのため、工場や倉庫でロボット掃除機を導入する際には、マキタのロボット掃除機がおすすめです。

倉庫などは床面積が広く、人力で掃除していたのでは大きな手間やコストが発生します。自動で清掃してくれるロボット掃除機を導入することで、コストを抑えることが可能です。

「おそうじレンタル」は、過失による故障でも、レンタル期間中であれば上限2,000円で交換できるため、購入するよりもコストを抑えて運用できます。

清掃のプロによるトータルサポートを受けられる「おそうじレンタル」で、ぜひロボット掃除機を導入してみてください。


清掃のプロが貴社に合わせたご提案をいたします。
お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

無料お試しレンタルのお申し込みはこちら

無料お試しレンタルお申込

お問い合わせはこちら

お問い合わせ